ウクライナ侵略の本当の原因と止め方を考えた

近隣の九条の会で奮闘している知り合いの方に、いい記事を紹介してもらいました。

「ウクライナ危機ーNATO拡大を止めることが解決の道ー」外交評論家 元外交官 孫崎享(まごさき うける)氏
https://www.jacom.or.jp/nousei/rensai/2022/03/220314-57498.php

私はここのところ、プーチン批判一辺倒では事態は止まらないのだはと思い、何をしたら止まるかと考えていました。日本共産党としては、ソ連時代から今まで、力でねじふせる覇権主義を真っ向から批判してきたし、ソ連がまともな共産主義をめざした国だともいえないと考えているので、ウクライナ危機に乗じて、最近朝日新聞に確信犯的な記事を書いた池上彰も含めて、日本共産党をわざとおとしめようとする報道をする人たちがいるのには腹が立つし、ソ連や中国共産党と日本共産党をごっちゃにしないでね、と最初にお願いします。

世界の人々が戦争反対の声をあげて行動し、非軍事の支援をウクライナにするのが大事だとは思いながらも、各政府の動きこそが一番大事だと思う。

白井市議会でも、全会一致でロシアを批判し政府にウクライナ支援などを行うよう意見書を出すことを決めた。

だけど、日本政府はアメリカが起こした戦争には賛同し協力してきて、自民党政権はその反省を今もしていない。私は、アメリカの戦争に協力してきて、今もアメリカの軍事的な商売のために言い値で誰も買わないオスプレイを買い、戦闘機を爆買いさせられている日本政府を支持している人は、戦争に反対してこなかったのに、アメリカでない国の戦争は批判する状況をどう考えるのかを聞きたい。100年戦争に反対し続けてきた党だから日本共産党に入党したということもふまえて、なぜどの戦争にも反対しないのか今だから聞きたい。答はわかっているけど。

今回は戦争を起こしたのがロシアで、プーチン政権が悪いのは当然だから、堂々とプーチン批判をしているのはいいけども、それも今までの自民党政権がアメリカ追従してきた方針の一部ともとれるし、批判だけでなく、戦争を止める外交努力と難民受け入れ拡大や保護をどう考えて動いているのかが大事だと思う。

私には、メディアのウクライナ報道も、国内で3年もまともなPCR検査体制をつくらない自民党公明党政権が、おさまらないコロナ危機から目をそらす役割も果たしているように思える。本当に戦争を止めたいなら、惨状を知らせるだけでなく、自公政権の動きをしっかりチェックして情報を流してほしい。岸田首相は、ロシアの侵略行為を批判しているのに、自分を首相にした安倍元首相が築いたプーチンとの関係を崩せず、ロシアとの「経済協力予算」を修正しないと言っている。大きな矛盾じゃないですか?

2015年に戦争法が強行採決される前、私は戦争が起こる本当の理由を知りたくて考えて調べてみた。そして、自分は安全なところにいて戦争で金儲けできる人たちが戦争を意図的に起こしてきたと知り、不思議と心から納得しすっきりした。私は本当のことが知りたかったし、原因がわからないと戦争を止める方法もわからないと思っていたから。

「戦争をしたい人なんていない」というよく耳にしてきた言葉通りなら、戦争が起こり続けるのはおかしいと思っていた。でも、金のために戦争を起こす人たちがいるとわかり、「戦争をさせたい人はいる」と気づいた。

冒頭で紹介した記事で、今回もおそらく今までと同じように、金儲けのために必然的に起こったか、起こさせられたともいえる戦争ではないかと、私が改めて気づかされました。

しんぶん赤旗2022年春号外〈ロシアは戦争やめよ〉

赤旗2022春号外(ロシア戦争やめよ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。