よしやるぞ!気持ちが盛り上がったインターネット会議

zoomという媒体でインターネット会議中。名前も出るので便利。みんなで会って話しているのと同じです。移動も不要だし、皆が参加できれば話し合うには問題なし。

5月9日(土)

市民と野党でアベ政権を倒してまともな政治に変えよう!が目標の「千葉13区市民連合」でも、zoomというのを使ったインターネット会議を試してみました。

とっても有意義でした。気持ちが「よしやるぞ!」と盛り上がった!というのは、新型コロナの感染予防のため、会議室も閉鎖し対面で話し合えない中、いろんな資料や情報が飛び交う難しい議論のメールが毎日たくさん来て、あっという間にたまって議論に追い付けず、市民連合としての全体の運動の見通しが私には見えづらくなくなっていました。

でも今日は、試験的にだから人数は少ないけど、みんなの顔を見て、各々が自分の問題意識を持って、政権交代にはどうしたらいいか考えていることを聞けたし、自分の考える大きな目標「アベ政権ではダメだから野党に任せよう」と市民が思えるような応援=今ならみんなこもってるからニュースなどで野党が統一して訴えた1人10万円の給付とか、今後の政策の情報拡散。それが足りなくても他国はもっと対策がしっかりしてる!という政権を取り替えたくなる希望の方を広める時期だというようなことを話せてよかったです。

それにしても、立憲民主は野党を応援してもらう上で支持が低くなり苦しいという声が他の人から出ました。根拠はあやしくても、市民が求める「出口戦略」を出す維新が支持率を上げていて、日本共産党も、期待する政治家として志位さん小池晃さんの名が挙がっている、医者の議員もいて注目していると。それなのに、枝野さんは他に抜かれてどうした?という声。

立憲のみなさん、単独でなく(私にはそう見える)本気で「野党連立で政権をとる」という覚悟を早く!今のコロナ打撃で変えられなくてどうするって時期なんだから、しっかりしてくれ!消費税減税だって自民党が言ってるんだぜ?これで選挙で負けたら絶望だよ。こんな政治が続くのほんとに嫌だよ。頼むからこのチャンスをダメにしないで、早く命を救える政権に変えようよ!と心の底から思っています。批判でなく、激励、応援、期待、裏切ったら許さないぞの信念です。一緒にがんばって、この危機を転換期にしましょう。

もっと見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です